よくあるご質問

ビューティープロ キャット について
Faq

着色料は使われていますか?
ビューティープロシリーズは着色料不使用です。
パッケージに「猫下部尿路の健康維持」と書かれていますが、尿路結石症用の療法食の代わりになりますか?
「ビューティープロ キャット 猫下部尿路の健康維持」シリーズは、猫ちゃんの尿路結石症に配慮して、マグネシウム量や尿pH を調整するよう設計*されております。しかしながら、療法食のように結石を溶かしたり、形成させないようにする治療補助効果はありませんので、療法食の代わりとはなりません。療法食をご利用中の場合は、かかりつけの獣医師の指示をお守りください。
(*ミネラルバランスを調整することにより、尿 pH を 6.2 ~ 6.4( 設計値 ) にコントロール。)
ビューティープロキャットには、なぜタピオカ澱粉が入っているのですか?
フードを形作るためのつなぎ及び炭水化物源として使用しています。タピオカ澱粉はコーンスターチと比較してマグネシウム含有量が低いため、下部尿路疾患に配慮したフードに使用しています。
「コラーゲン」「ヒアルロン酸」は猫ちゃんに必要ですか?
猫ちゃんは老化に伴い骨・関節炎が増加してきます。ビューティープロシリーズは、軟骨に含まれるコラーゲンと関節液に含まれるヒアルロン酸配合。また、オメガ -3 系不飽和脂肪酸の DHA を配合やコエンザイム Q10 を強化し、関節の健康維持に配慮しています。
複数飼いなので、年齢に応じたご飯をあげるのが難しいのですが、どのようにフード選びをしたらよいですか?
幼猫と成猫は分ける必要があります。成猫だけの場合は、シニア(一番年上)の子に合わせてみましょう。いくつかの日々の観察ポイントはあります。
①みんな健康状態に問題ありませんか?
②シニアの子は硬いものは食べられていますか? 食べにくそうにしていたらシニア用に替えてみてください。
③おなかの具合はどうですか?
④腎臓や関節など気になっていることはありますか?
⑤成猫が痩せてきてませんか? 体重が減少しているようであれば量を増やしてみてください。
やはり、基本は年齢別にあげてください。
「毛玉対応」ってどういう仕組みですか?
猫は、グルーミングの際に飲み込んでしまった被毛を毛玉として吐き戻します ( 絨毯のような形をしています )。吐き戻しが頻繁になると食道炎を起こす可能性もあります。毛玉対応フードは、おなかに溜まってしまった毛玉を便と一緒に排出させることを目的としています。毛玉対応フードには食物繊維が豊富に含まれており、可溶性食物繊維は腸の運動を活発化させ、不溶性食物繊維は被毛をからめとることで、それぞれ毛玉の便への排泄を促しています。
「腎臓の健康維持」とはどういうフードですか?
一般的に、腎臓の健康維持に配慮しているフードには、ミネラルの調整(ナトリウム・リン・カルシウム)、タンパク質、脂質のバランスが調整されています。また、尿の PH コントロールが配慮されています。腎臓の負担を減らすことが目的です。
しかしながら、すでに腎臓病を発症している場合は、病態の進行状況によりケア・治療が異なりますので、まず獣医師に病状を含めケアについてご相談ください。
治療以外でご自宅にて配慮できるのは、出来るだけ水分を多く摂取させることです。摂取する水分量が多いことで、腎臓への負担が減り、脱水を防ぐと言われております。お水のお皿を多めに置き、いつでもお水が飲めるようにしてあげて下さい。また、ドライフードと缶詰を併用するだけでも、摂取できる水分量が多くなるので、試されてみてはいかがでしょうか。ねこちゃんは、高齢になるほど腎臓の働きは衰えていきます。11 歳以上のねこちゃんたちも同じようにケアされてよいかと思います。
去勢手術後は、低脂肪のフード替えた方がいいですか?
ホルモン等のバランス変化により、太りやすい体質になる事があります。気になってきたら低脂肪タイプをお勧めします。
ビューティープロシリーズの「避妊・去勢後用」は脂肪分、カロリーを調整していますので、避妊・去勢後の体重ケアに適しています。
ビューティープロキャットを食べさせています。自分の飼っている猫が太り気味なのか標準なのかよく分かりません。
ネコちゃんを背面からみて、ウエストがなく、横から見て下腹部がたるんでいるようであれば、太っていると判断して良いです。体重もある程度の判断材料となりますが、各々個体差があるのでかかりつけの獣医師に一度ご相談ください。1 歳になったときの体格が、理想的な肉付きと一般的に言われています。猫ちゃんは一度太ってしまうとなかなかダイエットは難しいので、日ごろから食事量・体重管理で予防することが大切です。

ビューティープロ ドッグ について
Faq

着色料は使われていますか?
ビューティープロシリーズは着色料不使用です。
原材料が「国産」となってますが、原料も国産ですか?
弊社で使用している穀類は、国内では安定供給が出来ないため、主にアメリカ合衆国から輸入をしています。肉類は、国産となります。魚類は主に国産ですが、回遊魚が主であるため、漁場は世界各国となります。個々の産地は特定できませんので、ご了承ください。
ダイエットをさせたいのですがどのようにスタートさせればよいですか?
ダイエットのポイントは健康的に体重管理をすることです。体格には個体差があるため「わんちゃんが太っているか。どのくらい減量すべきか。基礎疾患がないか」などについてまず獣医さんにご相談ください。ダイエットフードの切り替え時は、消化機能が安定するまで徐々に切り替え、給与量も以前食べていた同量からスタート。その後は定期的に体重測定をこまめに行い、給与量を調整してください。ビューティープロシリーズには「ビューティープロ ドッグ ダイエット 1 歳から」があり、食物繊維配合・高発泡粒でボリュームがあり、いつもの食事量でも満足感を得ることができるダイエットフードです。
「マリンコラーゲン」とはなんですか?
ビューティープロシリーズの「マリンコラーゲン」とは、吸収しやすい魚由来のコラーゲンです。柔軟で艶やかな皮膚や毛並みに欠かせない成分。コラーゲン、オメガ -3 系不飽和脂肪酸、DHA・EPA を配合され、皮膚本来のバリア機能に配慮されています。
「ビューティープロ10歳以上用」をいつも食べています。犬がもうすぐ 16 歳になるのですが、もっと上の年齢用のフードはありますか? このまま食べていてもいいですか?
現在のラインアップでは、10歳以上用が一番高齢用です。きちんとフードを食べられていれば、10歳を越えてもこのままで大丈夫です。高齢になってドライフードが十分食べられなくなった場合には、いろいろと工夫が必要になってきます。例えば、ドライフードをふやかす・温める・トッピングするなど、わんちゃんの状態に合わせてお与えください。
今ドライフードをあげていますが、犬が年をとったので、軟らかいフードに替えてあげたほうがいいでしょうか?
ドライフードは、よく噛むことで歯石や歯垢が付きにくいメリットがあります。今ドライフードを問題なく食べているのであれば、無理に替える必要はありません。ビューティープロシリーズ中でも「ビューティープロ ドッグ 口腔内環境の健康維持 1歳から」は、特殊形状粒を噛むことで歯垢を除去し、口臭にも配慮されています。若いうちから予防されたい方にはお勧めです。
「コエンザイム Q10」とはなんですか?
エネルギー産生に不可欠な補酵素で、若いころは体内に多くありますが、老化と共に数が減っていきます。活性酸素の攻撃を防ぐと言われている成分です。
「コンドロイチン」「グルコサミン」はお年寄りサプリメントですか?
「10歳以上」では、関節機能の低下に配慮してグルコサミン、コンドロイチンを強化していますが、「子犬用」でも、子犬の軟骨の発育に配慮してコンドロイチン・グルコサミンを強化しています。ビューティープロシリーズは、軟骨に含まれるコラーゲンと関節液に含まれるヒアルロン酸も配合し、関節の健康維持に配慮しております。
「サクサク粒」とはなんですか?
粒の膨らみ具合を大きくして、軽い食感と消化の良さを兼ね備えた粒です。「お腹の健康」では、お腹が敏感な愛犬のために、さらに消化吸収に優れ、おなかに負担をかけにくい原材料を使用することで、おなかの健康に配慮しています。
食物アレルギーではありませんが、「ビューティープロ ドッグ 食物アレルゲンに配慮 1 歳から」を食べさせても大丈夫ですか?
「ビューティープロ ドッグ 食物アレルゲンに配慮 1 歳から」は食物アレルギーに配慮し、タンパク源としてアレルゲンになりにくいといわれる国産米と魚を厳選して使用しています。アレルギーがなくても、お魚味が好きなわんちゃんにはお勧めです!
(他のフードと製造ラインを共用しておりますので、アレルゲン除去食を処方されているわんちゃんはご注意ください。)

ビューティープロを知る

Other Brands

コンボ_バナー
ラシーネバナー
ご当地めぐり_バナー
ビタワンスペシャルコンテンツ_バナー
ミオ_バナー